あんこログ

意識低め海外生活、お菓子、旅、本 etc....

春の気配に桜餅。

 

日本は夏も終わり、、と言えない暑い日々がまだまだ続いているかと思いますが、

 

オセアニアのこちらは冬の終わりが近づいています。

 

今日春を見つけました


f:id:ancolog:20190821134914j:image

 

まだまだ寒いときもあるし雨もよく降るし気分が萎えることもあるけれど、

こんなのを見るとあーーー季節はちゃんと動いてるーと一瞬ニヤけてしまいました♡

 

そして今日は

日本人の方が売っていた桜餅を買いました!

 


f:id:ancolog:20190821135146j:image

 

いちごを使って自然なピンクをつけていらっしゃるようで手のこんだ一品。

 

甘さと塩気がほどよく、子どももパクパク2個食べました。

 

季節のものは海外にいても作ろうと思えば作れるんだなぁとしみじみ。

 

クッキーが焦げなかった

 

お菓子作りもさることながら、

見てないドラマを遅れて見るのに忙しいあんこです😂


毎度悩まされていたクッキーの焼き具合。

 

今日は冷凍していたココア&アーモンドのクッキー生地を焼いたのですが、

 

冷凍だったことも助かって?

 

さくさくほろほろに焼けました♡



 f:id:ancolog:20190820134238j:plain


形のいびつさはともかく、焦げていないことに満足✦


今日は

syunkonカフェごはん 4 (e-MOOK)

syunkonカフェごはん 4 (e-MOOK)

 

から。


山本ゆりさんのも、

料理嫌いを促進させない(笑)、

やさしいレシピ本です✦



『凪のお暇。』にハマっているという話

 

昔から恋愛物のドラマにいまいちハマることなくやってきた私、

『凪のお暇。』にハマってます笑

 


f:id:ancolog:20190819171127j:image

 

アラサー母、毎度ウキウキワクワク金曜日を待ち、ドキドキしながら見ちゃう。

 

もともとは漫画で、まだ終わっていないんだけど。

 

凪のお暇 1 (A.L.C. DX)

凪のお暇 1 (A.L.C. DX)

 

 

 

凪ちゃん28歳。

 

28歳って女の人の人生が変わりやすい歳ってどこかで聞いたことあって私が結婚したのも28。

 

27で仕事をやめて、リセットして海外に行ってみて何もせずまさに【お暇】だったので、

 

テレビ越しとは言え勝手に他人事とは思えない!!と思って見ちゃう笑

 

そう思うと、ゴンさんは傍から見てクソなんだけど、いやあのユニットバスはクソなんだけど、

一度は出会っておきたいな、あぁいう人。

 

恋に恋して振り回される、そんなのがあってもいいんじゃないかな、結婚してないんだし。

 

ゾンビになるのは、、、困るけど、それもやっぱ青春w

 

結婚してるからか、

ゴンさんみたいなヒトと遊びたいわって思う笑笑←ダメだけど

ゴンさんは天然であれだから、1人1人に真剣だけど。

 

だってドラマだから慎二の心の声聞けるからわかるけど、

実際だったら伝わらないし、無理だな😂

 

あんな攻撃受けながら一緒にいるの無理だな🤣

 

凪ちゃんどうなるのかな、

どちらにもつかず終わるのかな。

 

とりあえずゴンさんの恋に注目。←主役じゃないけど

 

 

と、あまりにハマりすぎて思わず語りました笑。

【今週のお題】海外に住んで変わった飛行機への思い

今週のお題「わたしと乗り物」

社会人のとき旅行が趣味になり、飛行機に乗ることが特別なことじゃなくなった。

そして自分にとって休みの象徴である空港が、
大好きな場所だった。

そんな暮らしの延長で始まった海外での生活。

今や時間があれば日本に帰るので、

海外旅行もしないし、

飛行機に乗るのは日本とここの往復。

空港なんて『別れ』の象徴。大嫌いな場所になってしまった。

そんな中でも飛行機は変わりなく飛び続け、周りにフライトアテンダントをする人が増えて、見方が変わったこと。

フライトアテンダントは空飛ぶ接客業?

あまりにも周りの40代の方々が最近フライトアテンダントになるので。

こちらではフライトアテンダントに身長規定はないそう。

本人がどうにもできない容姿などで人を選ばないためだとか。

日本や他のアジアみたいにモデルの雰囲気をかもしてる人ばかりではないです、小太りのおばちゃんもいるし、

バーテンダー?的なおじちゃまもいるし。

日本人はフライトアテンダントを特別な仕事だと思ってるけど海外ではそうでもないらしい、というのがこちらに来ての新発見。



f:id:ancolog:20190818181323j:plain

シドニー空港内)

最強に疲れるのが日本便

フライトアテンダントになった方いわく、1番気疲れするそうです笑。

小さなことが気になる日本人と、
日本人だけど海外歴の長いこちら在住のフライトアテンダント

外人のふりをしようかと思うくらい、気疲れするそうで、

私個人、なんとなく両者の雰囲気を掴めるだけに日本の航空会社への尊敬が深まりました。

まとめ

そうやって考えると年にイチ往復は長距離で飛行機に乗ってるわけで、

たくさんエピソードが。

今週はもう一回くらいこれで書けるかも!

いや車でも書けるかも!

\あんこ作ってみた/

 

小豆を量り売りで買えたので、

 

あんこ作りに挑戦してみました。

 

とは言え、昔から食わず嫌いの対象だったのでよくわからないけど笑

 

f:id:ancolog:20190817113622j:image

 

こしあんはハードル高そうだったのでつぶあん

 

変幻自在のあずきまるのお話とともに笑


f:id:ancolog:20190817113803j:image

 

そしてとりあえず


f:id:ancolog:20190817113828j:image

 

どら焼き風。

 

いい感じの焦げ目をつけるのって難しい。

家のコンロはガスではなく、こっちでよくある電熱線コイルなので火加減の調節も難しい。

 

オーブンのくせ、と言い、初心者には壁が多いな(^_^;)


とりあえず明日は小倉トースト風にするんだ♡

 

 

DAISOグッズで進める小さなお部屋改革。

 

非キラキラ海外生活をしてます、あんこです。

 

幸いなことにここニュージーランドにもダイソーがあります(笑)

 

なんだかんだで痒いところに手が届くのが日本からやってくる商品。

 

今回買ったのは

 

このがっちり吸盤式のフックです*

 

きっかけはこの本

今まで1人暮らしの経験もない私は結婚したからって急に家をきれいに整理できるはずもなく、

 

またいい方法も思いつかず、

 

はたまた狭い家を借りてるので、こっちの住宅はほんと収納も少ないしと半ば無法地帯。

 

子どもが幼稚園に行くようになって、そして落ち着いて通えるようになって、

 

超短時間だけどお小遣い稼ぎも始めて、ようやくこの部屋もなんとかできるのではと

 

小さな改革を始めました(笑)

 

そのきっかけは↓

 

ゆるく暮らす 毎日がラクで気持ちいい、シンプルライフ

ゆるく暮らす 毎日がラクで気持ちいい、シンプルライフ

 

 図書館で見かけて借りた本です。この手の本をペラペラ見るのが好きで。

 

これはもちろん本気で几帳面でそんなの自分の気持ちが許せない!!という人もいるかもしれないし、

私も全部は無理だなと思ったんですが、

 

物の置き方とか、考え方がすごく参考になって。

 

今までぽいっと置いていたものをひっかけるだけでも違うかなと。

 

自分でできる範囲にまとめる

あとこの本でなるほどなぁと思ったのは、

 

「自分1人で無理なくできるように仕事量を調節する」という考え方で、

 

そうすると「やってくれない」という不満が起こらないとか。

 

自分1人で無理がないからケンカの火種が減ると思うと確かにその方がいいですよね。

 

私もいなければいないで何とかするのに、いるのにやってくれない!!とよく腹を立てるタイプで(笑)、結局あれもこれもと思っているんだろうなとふと思い。

 

結局は物を持ちすぎない

全てはこれです。

 

物があるから置き場に困る。

 

収納するものを買うとそれを置く場所に困る。

 

そしてその整理整頓に時間も手間もとられる。

 

負の連鎖です。

 

ということで、私は最近ちょっとずつ物の整理を始めました。

 

まだまだ課題が山積みですがせっかく住んでいる家なので少しでも快適になるよう

 

小さな改革を重ねていきたいと思います!

 

 

 

 

 

 

幼稚園でスコーン作り。

 

日本は台風上陸ですね、大きな被害が出ませんように。


さて、こどもの通う幼稚園では週に1回Baking Dayがあって、朝時間のある親がボランティアで1人手伝って

大抵スコーンを作ります。

 

砂糖は使わず甘みにはデーツ(ナツメヤシの実)を使うことが多いです。

 

おやつ作りなんてする習慣がなかった私は、これを見てこんな簡単にできるの!?とビックリ。

厳密な計量をしなくても失敗しないし。

 

テーブルに集まって、順番に材料を入れて、混ぜて、1人10分もかからずそれを3サイクルくらいしたら終わり。

 


f:id:ancolog:20190815160428j:image

 

帰りに自分のを持って帰ります(お迎えのときその場で食べる子も♡)。

 

たかがベーキング、されどベーキング。

 

実験的要素?と袋に自分の名前を書く練習を毎週するので、いいルーティンだなと私は思っています。

 

私も子どものときにこんなことを当たり前にしてたら、もうちょっとお菓子作りが身近だったかな(^_^;)なんて。